ホルモン安定や免疫力アップに重要なコト|バイバイ更年期の悩み

医者

更年期障害の原因

案内

更年期障害は副腎の働きが低下することで症状が悪化してしまうことがありますから、副腎の働きを回復させるためにも漢方など服用しても良いでしょう。マッサージや整体で身体の筋肉をほぐすことも治療法として挙げられます。

詳細を確認する

低体温を防ぐ

病気にかからない体は免疫力が強いです。免疫力アップの知識について知りたい方はこちらをご覧になったください。

白血球と免疫力アップ

案内

人間の体温が上がると、免疫力アップに繋がります。これは、人間の体温が上がると、血液の流れが良くなります。血液の中には、食物から取り入れた栄養や酸素が含まれます。血液は、頭の上から体の足の先までに、栄養と酸素を送ります。また、体中の老廃物を持ち帰ります。血液中には、白血球が含まれます。白血球の役割は、体の中に入ってきたウィルスや細菌を駆除する働きがあります。体温が下がると、血液の流れが悪くなり、白血球がウィルスや細菌を駆する機会が減ります。その結果風邪を引きやすくなったりなったりして、免疫力は低下します。体温が1度下がると、免疫力が30%低下すると言われています。このように、体温と免疫力は密接な関係があり、平均体温を知り、低体温にならない様に工夫をする事は、免疫力アップに繋がります。

低体温にならない工夫

日常生活で、低体温にしないように工夫すれば、免疫力アップに繋がります。低体温にならない生活習慣として、入浴が挙げられます。最近は、湯船につからないで、シャワーだけで済ませる人も多いのが現状です。しかし、免疫力アップには、湯船につかる事は大事な事です。40度程度の湯温で、10分程度つかれば、体温は1度程度上がると言われています。また、入浴後のストレッチは、免疫力アップに非常に有効です。ふくらはぎ、太もも等の筋肉の張り、疲れをほぐす事により、体温は上昇します。また、入浴後のストレッチは、副交感神経を高めて、リラックスした気分になり、眠りやすくなる効果も期待できます。また、寝る前に白湯飲むと、体温は上昇し、免疫力アップに繋がります。

慢性的な不調に効果的

先生

漢方系のサプリメントには、漢方薬に準じた効果があります。ですから、慢性的に体調不良で体質改善すべき人は、漢方系のサプリメントがおすすめです。慢性的な体調不良は、自律神経失調症の可能性があります。

詳細を確認する

更年期の症状

女性

閉経を挟んでの約10年間に更年期障害が起こる女性がいます。のぼせやイライラなど症状は辛く、時として生活の大きな妨げとなります。原因は女性ホルモンの減少によるものです。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP